幸せをねがい、育てました。

まるみ豚 通販

  • カートを見る
  • ログイン
宮崎のブランド豚肉「まるみ豚」は料理王国100選に認定されました。
  • メディア掲載
  • ご注文ガイド
  • お問い合わせ

まるみ豚のこだわり

私たちが日々求めているものは、豚の「美味しさ」ではありません。
豚の「健康」です。
そのために私たちは「愛・水・餌」を3つの大切な要素としています。
その結果がまるみ豚の美味しさにつながっています。
豚のお腹の中から始まる「良い連鎖」のために、私たちは日々努力しています。

「愛」がなければ育てられない

「愛がなければ育てられない」
豚が持つ本来の力を尊重し、かつ最大限に発揮できる環境づくりが、私たちの仕事です。
豚にとっての「ストレス」をできる限り取り除くことは、豚の幸せの追求であり、その成果が私たちの成績となります。
私たちの豚がたくさんの人々の元気・笑顔に活かされる「誇り」を胸に、豚飼いのプロフェッショナル集団となることを目指しています。

従業員写真

生き物にとって良い「水」への追及

豊富な井戸水をただそのまま利用するのではなくて、第一の槽では優良な微生物(バクテリア)を投入し空気(酸素)を送り活性化させ、第二の槽では敷き詰められた様々な岩石のミネラルを抽出させ、第三の槽でさらに空気(酸素)を送り込まれた水が、動力ポンプによって農場すべてに給水しています。このミネラル豊富な水が、まるみ豚の原点となります。

バクテリアミネラルウォーターの仕組み
バクテリアミネラルウォーター施設

安全でおいしい自家配合の「餌」

まるみ豚のエサは、成長ステージ (段階)に合わせてブレンドしています。
栄養バランスだけでなく、鮮度・粒度にこだわります。

安全で美味しい餌を追求します。

メインのとうもろこしは、丸粒で仕入れ、配合の直前に粉砕します。
挽きたて・フカフカの「新鮮な」とうもろこしであること、
豚が「食べやすい」粒度であることで、豚の栄養吸収・消化を高めます。

配合飼料

出荷前のエサのたんぱく質はすべて植物性

動物性のものを食べると、臭みが出たりするため、出荷前の一定期間は脂がくさくならないように動物性のエサは使いません。

プロバイオティクス飼料で、腸内バランスを整える

粉砕したとうもろこしに、乳酸菌・酵母菌・納豆菌ほか、何億もの微生物を含む「ZERO-1」という原料を配合します。それを一定の環境条件に整えられた「室」で熟成・培養します。
このZERO-1のチカラは、毎日豚を管理する私たちにとって、最も効果を示すものであったと認識しています。(臭気環境・豚の活力など)
「豚のお腹から環境までを元気にする」という点において、欠かせないアイテムとなっております。